社会医療法人みゆき会 / みゆき会病院日本医療機能評価機構認定病院

このサイトならびに当病院へのご意見・ご要望はinfo@miyuki.or.jp

TEL:023-672-8282
文字サイズの縮小・拡大
縮小 標準 拡大

社会医療法人みゆき会 / みゆき会病院日本医療機能評価機構認定病院

PC表示 | スマホ表示 PC表示 | スマホ表示

骨密度測定装置 (Bone Densitometer)

骨密度測定装置とは

骨粗しょう症の診断をするために、骨密度の測定を行なう機器です。

骨には、たくさんのカルシウムが含まれていますが、その量(骨量)は若年期をピークに年齢とともに減ってきます。そして骨量が減少すると、骨の中の構造が壊れ、骨は非常にもろい状態になり、折れやすくなります。この状態が骨粗しょう症です。

写真_骨密度測定装置

骨量の測定は、測定機器や測り方によって変わってしまうため、正確な診断や治療のためには同じ施設で継続して診察を受けることが大切です。

仕様

当病院に導入されております骨密度測定装置は、2種類のX線を利用した方式を採用していますので、従来のガンマ線を使用するものと比べて精度が安定しています。また放射線量も低レベル(胸部X線撮影の10分の1程度)に抑えられています。

写真1_骨密度測定装置診断画像写真2_骨密度測定装置診断画像

椅子に座って片手を機器に挿入するだけで、素早く(約5分)測定できます。また、測定結果も大変わかりやすく、医師の説明と共に測定結果をその場で印刷してお渡しできます。

写真_骨密度測定装置測定場面