平成28年度 みゆき会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2 22 13 19 36 55 185 224 368 188
60歳以上の入院患者割合は86.8%です。他の急性期病院や地域の福祉施設と連携を行い、リバビリテーションにも力を入れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 78 54.97 20.57 1.28% 79.81
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 64 62.13 27.63 15.63% 83.08
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 43 21.74 22.55 2.33% 64.14
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 40 31.50 17.99 0.00% 69.15
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 31 22.29 17.07 0.00% 55.10
整形外科では、胸椎・腰椎骨折の保存治療を最も多く行っています。次いで、大腿骨頚部骨折に対する手術治療、脊柱管狭窄症に対する手術治療を多く行っています。急性期の治療後、地域包括病床や回復期リハビリテーション病棟に移り、在宅復帰を目指したリハビリテーションを行う患者さんも多いため、平均在院日数が全国平均よりも長くなっています。大腿骨頚部骨折では近隣の精神科病院からの患者さんを受け入れ、治療後は元の病院に戻られるため、他の疾患よりも転院率が高くなっています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 44.16 21.25 1.82% 86.29
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 43 2.84 2.72 0.00% 65.67
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 28 49.54 23.85 7.14% 83.61
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 34.96 17.95 4.35% 90.70
100380xxxxxxxx 体液量減少症 19 73.16 9.33 0.00% 85.89
内科では、地域の福祉施設や在宅の患者さんの誤嚥性肺炎が最も多くなっています。次いで、大腸ポリープの内視鏡による切除術、肺炎などの治療後の廃用症候群のリハビリテーションなどを主に診療しています。地域包括病床や回復期リハビリテーション病棟などで在宅復帰を目指します。施設入所待ちや在宅療養が困難な患者さんなどは、療養病棟に移り療養を継続する場合もあるため、平均在院日数は全国平均より長くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 3 1 - 2 - 6 1 7
大腸癌 - - - 1 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院における5大癌の初発並びに再発患者数は10人未満となっています。当院では主に消化器系の癌の二次治療や経過観察を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 2 11.00 47.50
中等症 21 19.81 56.95
重症 4 14.50 89.00
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。当院は施設入所中や入院中に肺炎を発症する患者さんの治療が多く、市中肺炎はあまり多くありません。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 2 40.50 84.50 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 13 45.92 56.54 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では、脳梗塞の後遺症に対するリハビリテーションの患者さんを多く診療しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 70 6.20 20.51 0.00% 66.11
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 54 3.07 18.52 1.85% 61.09
K0461 骨折観血的手術(大腿) 51 3.67 59.41 13.73% 84.16
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 19 6.32 37.47 0.00% 44.16
K0821 人工関節置換術(膝) 16 2.38 33.56 6.25% 77.63
整形外科では、脊椎の手術が上位を占めています。椎弓形成が最も多く、次いで後方椎体固定、大腿骨骨折手術の順になっています。椎弓形成では保存治療の後に手術を行うこともあり、成人の脊椎側弯症手術では先に脊椎固定術を行ったのちに側弯症の手術を行うという二段階の手術を取り入れているため、平均術前日数が他の手術よりも長くなっています。小児の側弯症の手術も積極的に行っており、山形県内の広い地域の患者さんを受け入れています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 44 0.82 1.02 0.00% 65.93
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
内科では、大腸ポリープの内視鏡による切除術が最も多く行っています。当院では原則2泊3日で行っており、ほとんどの患者さんは金曜日に入院、土曜日に手術、日曜日に退院という流れになっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院におけるDIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の患者数は10人未満となっています。