介護保険でよくある質問と答え

ホーム > 介護保険でよくある質問と答え

短期入所療養介護とは?

 指定居宅サービスに該当し、要介護状態となった場合においても、利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように、看護、医学的管理の下で介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行います。また、療養生活の質の向上及び利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図ります。

この画面の上へ

介護予防通所リハビリテーションとは?

 指定介護予防サービスに該当します。利用者が可能な限りその居宅において、自立した日常生活を営むことができるよう、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練、その他必要な医療並びに日常生活上の支援を行うことにより、利用者の療養生活の質の向上及び心身機能の維持回復を図り、もって利用者の生活機能の維持又は向上を目指すものです。

この画面の上へ

通所リハビリテーションとは?

 要介護状態となった場合においても、利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを行うことにより、利用者の心身の機能の維持回復を図ります。

この画面の上へ

介護予防短期入所療養介護とは?

 指定介護予防サービスに該当します。利用者が可能な限りその居宅において、自立した日常生活を営むことができるよう、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の支援を行うことにより、利用者の療養生活の質の向上及び心身機能の維持回復を図り、もって利用者の生活機能の維持又は向上を目 指します。

この画面の上へ

ケアプラン(介護サービス計画)とは?

 介護保険のサービスをどこの事業者からいつ・どれくらい受けるのかを示したものをケアプラン(介護サービス計画)といいます。要介護認定を受けたら、専門の事業者である居宅介護支援事業者を選んでケアプランの作成を依頼します。ご家庭に所属するケアマネジャー(介護支援専門員)が訪問し、利用者や家族の方と相談しながら、利用者の心身や家族などの状況を判断しサービス内容を決めていきます。

 ケアプランの作成費用は、利用者負担がありません。

この画面の上へ

認定結果の通知が来るまでサービスは受けられませんか?

 介護サービスは、要介護認定等の申請日から受けることができます(認定結果が非該当となった場合を除く)。認 定結果は申請日から原則30日以内に通知されますが、それまでの間は、ケアマネジャー(介護支援専門員)が仮の要介護度を推計してケアプラン(介護サービス計画)を作成して、サービスを受けます。

この画面の上へ

ケアマネジャー(介護支援専門員)とはどんな人ですか?

 保健師、看護師、理学療法士、社会福祉士などや、保健・医療・福祉関連の現場で一定期間の実務経験を持った者 のうち、試験に合格し実務研修を修了した介護保険の専門家です。ケアプラン(介護サービス計画)の作成や、市 町村・主治医・事業者と利用者との間に立って必要な連絡調整を行ったりします。

 この画面の上へ